引越しで猫のストレスが健康的なフードにエサ替え

ローンの申請も通り、やっと住宅を買えることになりました。

ところが、契約を問題なく完了させるために印鑑登録された実印が必要、ということを知らずにいたので、少々驚きました。以前、印鑑登録だけは親が代理で済ませておいてくれましたけれど、市を越境して引っ越すことになるため、引っ越し先の市役所とか出張所にて新しく印鑑登録の手続きが必要になります。

 

それを知って、急いで登録に行きましたがとても気忙しい思いをしたものです。

荷物をまとめるのは引っ越しのメインとなる作業ですが、そこで気配りが必要なのは何といっても割れ物です。

 

どこまでも油断は禁物です。まずは上手な包み方を心がけてください。

包むものの大きさに余裕を加えて新聞紙を用意し、紙の中央に底面を置き、一個ずつ包んでいきます。
包装に使う新聞紙はくしゃくしゃになっていた方がクッションとしての役割がより高まります。

 

また、持ち手や取っ手など、飛び出たところがあれば、飛び出たところを先に包むのがコツです。

引っ越しで、細かいものの荷造りは大変ですが、食器はまた格別です。お皿やグラス類は割れ物なので、慎重に包んで詰めていかないと運搬中に破損する危険性が高まります。。繊細な薄いガラスでできたグラスが、最近の人気です。薄いガラスでできた食器類は、内側に新聞紙などを詰めてから、外からも包み、業者に用意してもらった専用の箱に入れるなど、梱包全体に厳重な注意を払うとどきどきしながら荷物を開けることはなくなるでしょう。同市内とか隣町くらいの近距離を引っ越しするなら家族や親せきなど、自分たちだけで引っ越しをすることも難しくはありません。やり方ですが、自家用車で運べる荷物はたくさんあるので、まずそれらを新居に運ぶようにします。時間のある時に、何度も少しずつ運ぶことでたくさんの荷物を運ぶことができます。大きな家具や家電は、引っ越し最終日にトラックを一日かりて、何度か往復すれば荷運びは済むでしょう。こんな風にできると、引っ越しにかかる総支出を大きく削減できます。
冷蔵庫みたいな大型家電を、引っ越し作業の人が運搬するのを見ている時には、何かのはずみで落としてしまったりしないか、と不安になります。

 

もし、落下させて完全に壊してしまった、なんていう展開は最も避けたいので、なるべく、荷物の安全に気を遣うスタッフがいる会社を利用したいと考えています。

 

私自身は、仕事の都合で何度も引っ越ししていますが、大体いつも業者と一緒に作業をしており、今まで一度も、荷物を荒く扱う業者に当たったことはなかったです。

それに、引っ越し作業が原因で、荷物がダメージを受けた場合は補償を受けられますので、自分でせっせと傷をつけながら運んだりせずプロに丸投げした方が、もしかしたら損しないのではないか、と思うようになりました。最近では、見かけなくなりましたし、ほとんと知らない人もいるようですが、引っ越しソバという言葉もありまして、引っ越しをするとソバを食べるという面白い習慣が、かなり以前からありました。

どんな意味があるのかというと、そもそもはソバの形状に引っかけて細く長くお付き合いを致しましょうと縁起をかついだのと、ソバに越してきましたので、よろしくなんてシャレも効かせてご近所のみなさんに振る舞ったのが、始まりだと言われているようです。引っ越しで、プロの手を借りずに、できるだけ自分で引っ越し作業を進めたい場合は荷造りにおいて、荷物の数を少なくする工夫をした方が良いです。
一般の自家用車で、荷物を運ぶのが基本になりますので、そんな車内に詰めていくために、適切な大きさのダンボールで梱包すること、陶器やガラスなど、われものはTシャツに包んで詰め込んでいく、これで、包み紙は使われず、荷物のかさを減らせて割れ物と衣類を、同時に荷造りできてしまう、そんな技です。

 

このように、荷物をできる限り少なくする、というのは、とても大事な点です。コートやスーツなど、普段ハンガーにかけて収納してあるような衣類を荷造りする場合は多くの引っ越し業者でレンタルサービスしてくれる専用の衣装ケースがありますので、これを使うとハンガーにかけられている衣服の荷造りが、格段に楽になります。
通常のダンボールを利用すると箱の中にたたんで詰める手間が必要となります。

 

でもこの衣装ケースのような引っ越し専門アイテムを利用するとハンガーにかけた状態のまま、収納ケースの中に吊っていくことができるようになっています。新居に到着したら、開梱して衣服をハンガーごと新居のクローゼットやワードローブに収納していけます。誰でも引っ越しの際には様々な問題を片付けなければなりませんが、ガスコンロが引き続き使えるかも、考えなくてはなりません。

私の場合は、家を新築したため、当然ながら新しいガスコンロがありましたが、引っ越し先が中古の住宅であれば引越し前から使っているガスコンロを引き続き使うという手もあります。

 

プロパンと都市ガスなど、ガスの種類が変わるとガスコンロを使用できないこともあります。
ガスコンロを引っ越しの際に持っていくか、新規購入を考えている場合は新居のガスは何か、確認が必要です。

数多くの引っ越し体験がありますが、経験を重ねてきた者として、一つ言っておきたいです。
「壊されたくないものがあるなら、自分で運ぶべし」という警告です。

まだ引っ越し経験の浅かった頃、荷運びが済んで開梱していると、陶器が何個か、欠けてしまっていました。

 

それらが、自分で作った陶器だったため、「まさか」と思い、衝撃を受けました。
といっても、高い物ではなかったので、文句をつけるために電話したりなどはしませんでした。
ですがこれ以降、大事なものや壊れやすいものは、自力で運ぶことにしました。